酒論たかしま 不動を楽しむ会

2010年09月14日 12:53

酒論たかしま 不動を楽しむ会

銚子にあり、知る人ぞ知る有名な専門店『酒のたかしま』さんに隣接している素敵な空間『酒論たかしま』にて不動を楽しむ会を開催しました。 不動の吊るし無濾過 純米吟醸に始まり、超辛口、特別純米、山廃長熟、金賞受賞酒の大吟醸など7種類のお酒と奥様の手づくりの料理を織り交ぜての3時間。 大変和やかにそして楽しく過ごさせていただきました。 いつも飲んだお酒について人気ランキングをチェックしますが、この会での人気度の高かった酒は吊るしの大吟醸と純米吟醸でした。 やはりある程度香りがあり、味のしっかりしたものが好まれるようです。
2010.9takashima 1
 
この様な酒の会を催すとお客様の中に必ず日本酒に詳しい方がいるのですが、今回もやはりおいででした。 谷杉さん、酒談議楽しませて戴きました。 
2010takashima4.jpg
酒論たかしまさんにはバックにジャズが流れ、天井も高いため本当にリラックスできる空間が広がっています。 奥様の手料理も最高でした。 お近くの方是非お試しあれ。 椎柴駅から歩いて1分です。
今回酒の会に出品された中で面白い味になっていた2品を紹介します。 まず、不動山廃長熟。 中身は山廃仕込みの純米酒ですが、文字通り数年間蔵で寝かせた逸品です。 山廃の良さは熟した後に本当のおいしさがやって来ると思っていますが、この製品は正にその熟し度から言っても今が飲みごろです。 ぬる燗で戴けば爽やかな酸味が広がり、すーっと消えていく感じです。 次に実験的に醸造した『白麹純米酒』です。 普通清酒は黄麹で造りますが、その代わりに焼酎によく使われる白麹で仕込みました。 味的にはちょっと甘めで酸が強いのですが、その酸もクエン酸なので柑橘系の爽やかな後味が残ります。 ちょっと日本酒とは思えないような味に仕上がっております。 来年には本格的に製品化し出荷したいと考えておりますので、ご期待ください。
スポンサーサイト


最新記事