呑み切り 2012

2012年06月20日 11:24

呑み切り 2012

酒造りも終わり、夏の直前に毎年行う行事です。
今年も97種類の原酒や市販酒を並べて品質を厳密にチェックします。 酒造りで一番恐れられているのはマンガの『もやしもん』でもお馴染みの火落ち菌です。 乳酸菌の一種で醸造酒を好みます。 アルコール成分を食べ、独特の酸を大量に出します。 良く日本酒を長くとっておくと酢になるといわれますが、実際は酢になるわけではなく火落ち菌の仕業で物凄く酸っぱくなり、酢になったといわれるのです。 火落ち菌が入ると液体が「照り」を持ち始めるので直ぐに分かります。 
今年もこの現象は見られませんでした。 
後はタンクの中で秋まで熟成され、秋あがりの新酒として出荷されるのを待つだけです。

IMGP0918.jpg
スポンサーサイト


最新記事