平成23醸造年度 甑倒し

2012年05月08日 09:44

平成23醸造年度 甑倒し

毎年行っていますが、今年度の甑倒し(こしきたおし)の儀を連休の合間に行いました。 甑とは蒸し器のことで、甑を倒すというのは「これ以上蒸米を作らないよ」という意味です。 残された作業はモロミの管理と上槽(搾り)だけです。 全ての作業が終了した時点を「皆造」といいますが、甑倒しのように儀式はありません。 現在は蒸気とバーナーで比較的簡単に蒸作業を行えますが、昔は炭を焚いてその火力で蒸米を作っていたため随分と手間と時間と労力がかかり、大変だったのだと思います。 それ故に甑倒しという儀式で祝ったのかもしれません。

IMGP0839.jpg
昔は芸者を挙げ、どんちゃん騒ぎをしたそうですが、今は本当に質素なものです。 通勤には車を運転しますから下手をすれば酒も飲みません。
IMGP0841.jpg
鍋店の原動力である強力女性陣です。
スポンサーサイト


最新記事