年に一度の懇親会

2011年08月19日 08:50

研究会の皆さんと懇親を深める

会社としていつも心掛けていること、それは「顔の見える造り手」となることです。 その意味で湯沢市の酒米研究会の皆さんも「顔の見える造り手」そのものです。 毎年素晴らしい「酒こまち」や「美山錦」を栽培して貰っています。 そして毎年交流を深めることによって信頼関係が一層発展します。 そうです。 今年もしっかり飲んできました皆さんと。 18年前僕が社長になった年、冷害でコメが取れませんでした。 岩手県に頼んでいた5,000俵のコメが1俵も入らず、あせったこと今でも思い出すとゾッとします。 その後危険分散し、秋田県ともお付き合いを始めたわけです。 今年でたぶん14年目くらいと思います。

IMGP0313.jpg
会長の高橋さん(左)と副会長の佐々木さん

IMGP0311.jpg
JAこまちの岩井川理事長
IMGP0308.jpg
そして、いつも熱い大友さんです。
スポンサーサイト


最新記事