祭りの前

2010年06月23日 13:52

祭りの前

今年の成田祇園祭は7月の9、10、11日の3日間、成田の街は祭り一色になります。 はっきりは分からないものの、250年以上続いていると言われています。 出場する山車は各町内から9台、成田山から1台の合計10台。その他に成田山のお神輿が1機出ます。 神輿の渡御(とぎょ:運行という意味)は最初の2日間だけですが、祭り全体の実行委員長初め各町内の祭礼役員が神輿について回ります。 山車の方は基本的に街中をぐるぐる回っていますが、初日のお昼過ぎには成田山本堂前に集合し、安全祈願祭を御前様の下、執り行い、そこから祭りの正式スタートです。 今年は『おまけ』があって、皆さんご存じの市川海老蔵さんと小林麻央さんの結婚報告を兼ねたお披露目があります。 すべての山車が集結して、若者連、役員、そして観客の方全員で祝福の’手打ち式’も予定されたいますので、興味のある方は是非お越しください。 さて、僕は今年自町である本町の祭礼委員長を務めますので、本町の山車につきっきりになり、町中を3日間歩き続ける予定です。 ところで、祭りの見どころは何と言っても仲町の坂をあの重い山車を結構なスピードで引き揚げるところだと思います。よく比較されるのが佐原の祭りです。 どちらかといえばゆったりと運行する『静の佐原』、激しく動く『動の成田』という感じでしょうか。 また、3日目の昼前に当社伝心館の近くにずらっと全町内の山車が並ぶところも面白いですよ。 間近に山車が見られますから。
皆様、7月の第2土日は成田へお越しください。 お待ちしております。

honcho dashi 1

飾りをつける前の本町の山車。 100年以上前に製作されていて成田で2番目に古い山車です。 
スポンサーサイト


最新記事