--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成21酒造年度全国新酒鑑評会 公開きき酒会

2010年06月22日 18:46

日本酒フェア 2010

去る6月16日池袋サンシャインシティーにおいて『平成21酒造年度全国新酒鑑評会 公開きき酒会』が催されました。 今年で4回目の開催となりますが、それ以前は東広島市の酒類総合研究所の近くの会場でしか一般公開されていませんでしたので、はっきり言って業界関係者位しか行きませんでした。 それが東京の真ん中で入賞酒を利き酒できる会というのは、我々の様な蔵元にとってみれば大変意味のある情報発信の場でもあり、多くの方の目に触れるという点で嬉しい催し物です。 今年の新酒鑑評会に出品された点数は895点。その内入賞酒が457点、その内金賞受賞酒が242点ありました。 全国新酒鑑評会については賛否両論がありますが、私どもは毎年蔵同士でしのぎを削り、切磋琢磨し合って『より良いお酒』を出すことは日本酒全体のレベルアップにもつながると信じていますので、賛成です。 もちろん金賞や入賞を貰えず、空振りの時はみじめな思いもします。 今年はうれしく『金賞』でした。(拍手) 当蔵では毎年5本の大吟醸を仕込みます。 精米歩合は35%~45%で、米の種類も違います。 当然すべての酒を手搾りで取り、斗瓶で囲い、出来上がった何本もある斗瓶から家のNO1を決めていくのです。 製造部の何人かと役員全員で何回も試飲をしながら選定していきますが、毎回が真剣勝負で全員が夫々の利き酒能力の限界に挑戦(?)するのは結構気持ちのいいものです。 今年の受賞酒は酒こまちを40%まで磨いた大吟醸酒です。 製品としては不動 吊るし絞り大吟醸 生原酒ですが、残念ながら当蔵には在庫はございません。すべて出荷されており、不動特約店のみにしか在庫はありませんので最寄りの特約店にお問い合わせください。

価格 3,900円(1.8L) 1,880円(720ml)

kin-sho.jpg
 
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。