今季の酒造りは、、、、

2011年03月20日 13:47

今季の酒造りは、、、、

3月11日のM9.0地震から酒造りが停滞しています。 お米は確保してあるのですが、蒸米時に使うボイラーの燃料「A重油」がこれからも安定的に確保できるか、そして現在は被災地扱いで神崎町は「計画停電」から外れていますが、いずれ組み込まれると、停電との戦いもしなくてはなりません。 現時点で今期計画の75%の酒造りが終わっていますが、残りの25%ができるか否か、会社の死活問題でもあります。 酒造りは昔からギャンブルの要素が多分にある業種と言われています。 米は歴史的に見て高い物、そしてその高いコメを使って造った酒を貯蔵している酒蔵に変な乳酸菌(火落ち菌)がはびこると、酒が全部腐る可能性があったからです。 米の手配も大変です。その年に取れた米で酒造りをしますが、いつも米の出来を気にしなくてはならず、台風の季節は毎年やきもきします。 更に年が明けるとすぐに来季の米の手配をします。 ですから売り上げ動向、需要動向を3年ほどのスパンで見ないと酒造りの計画はできないのです。 今期この後どうするか、今週決断です。 
スポンサーサイト


最新記事