酒母からいよいよ仕込みタンクへ、大吟醸の仕込み!

2013年12月19日 13:27

酒母からいよいよ仕込みタンクへ、大吟醸の仕込み! 

年の瀬も迫り、慌ただしくなってきましたが、当蔵では先日お伝えした大吟醸の仕込みがいよいよ佳境に入り、もうあと2週間くらいで、物によっては、搾れる状態になるかなという段階まで来ました。

大吟4
ある程度冷めた蒸米を計量し、仕込みタンクの中に入れていきます。 この場面は3段仕込みの2番目『仲仕込み』の最中です。
大吟1
小分けした仕込みタンクの表情です。ピンボケでした、ごめんなさい。
大吟2


スポンサーサイト

『のんでみっぺぇ北総号』 

2013年12月07日 15:38

『のんでみっぺぇ北総号』  
のんで6
朝から晴れて、絶好の飲みコンディションの中『のんでみっぺぇ北総号』は千葉を出発。まず成田に向かいました。 朝の一声、皆様に挨拶をさせて貰い、その流れで不動で乾杯!
電車の半分は椅子でもう半分は畳となっています。
のんで3
あっという間に成田に着くとそこでは藤田副市長、成田駅長とうなり君がお迎え。
[ 続きを読む ]

『のんでみっぺぇ北総号』

2013年12月04日 10:36

 『のんでみっぺぇ北総号』 

来る土曜日、千葉県庁観光誘致課の肝いりで千葉県酒造組合とJR東日本のコラボ企画、 『のんでみっぺぇ北総号』が走ります。出発は団体列車の常駅である両国を出発し、成田、佐原、成東駅に1時間から90分程停車します。成田ではうちのお店と長命泉さんの蔵を訪問、当然成田山も含まれますが、皆さん飲むのに忙しくてお参りするでしょうか? 因みに僕は千葉県酒造組合の副会長として千葉駅から成田駅までご案内します。
尚、定員は5両編成の120名ですが、完売したそうです。

のんでみっぺい号記念チラシ

大吟醸の仕込始まる

2013年12月03日 10:16

大吟醸の仕込始まる! 

時が過ぎるのは本当に早い物で、また師走に入ってしまいました。 皆様、この1年間どのように過ごされましたでしょうか? 泣いても笑っても人生は1回のみ。 悔いのないようにしなくちゃと思いながら反省することしきりですが、そうこうしている内に「大吟醸」の仕込の季節がやってきました。大吟醸も年に1回しか仕込めませんので、本当に神経を使います。 もちろん他の酒を仕込む時も神経を使いますが、大吟醸の場合は「全国新酒鑑評会」に出品する運命になっていますので、やはり力が入ります。 例年と同じように白米600kg仕込、米は兵庫県の山田錦と秋田県の酒こまち。 それぞれ35%から45%の磨きで合計5本仕込みます。

IMGP1547.jpg

大吟醸の酒母です。フルーティな1801号酵母を使います。 果たして運命はいかに?


最新記事