日本酒で乾杯! 条例

2013年09月20日 11:16

日本酒で乾杯! 条例可決

昨日我が神崎町で「日本酒で乾杯」条例が可決されました。 今年の春からある町議にお願いしていましたが、昨日上程、可決された次第です。 背景には日本酒の消費低迷、長年にわたる凋落傾向に歯止めが掛からない中、このままいくと日本酒は国酒と呼ばれながら市民権もなくなり、絶滅する恐れがあるからです。 もっとも今の状態を作ったのも我々蔵元の責任だと思います。 ろくにうまくもない酒を造り売ってきたメーカーあり、それを放置してきた我々にも大いに責任はあると思います。 さて、神崎町は町を挙げての酒蔵まつりを実施し、また「発酵の里 こうざき」と言うように、発酵で町づくりを進めていこうと決めた町ですから、すんなりと条例は可決されました。 次は成田市、そして千葉県も狙いたいですね。

日本酒で乾杯条例__
スポンサーサイト

台湾日本酒事情

2013年09月06日 18:18

台湾訪問

最近はフェースブックばかりしていて「ブログ」を全く書いてませんでした。 昨日帰ってきたばかりですが、台湾についてちょっと触れてみようと思います。 数年前まで「仁勇製品」は台湾に輸出されていましたが、輸入元が商売替えをしてしまい、台湾への輸出は途絶えていました。 今年のFoodexに出展した際に元さんという方と知り合いになり、話がだんだん煮詰まってきて、今回の台湾訪問と相成ったわけです。元家企業は従業員が700名ほどいて主に魚介類の卸販売をしています。 台北、台中、台南の3か所に営業・配送拠点を設け顧客はホテル、スーパー、百貨店、そして飲食店などで数百件以上あるそうです。 お客の中にはセブンイレブンさんとかリンガーハットさんとかあり、セブンさんにはおにぎり用の鮭を、リンガーさんにはちゃんぽん用の魚介類を納めているそうです。 さて、そのルートを使っての日本酒販売。果たしてうまく行くか? 乞うご期待です。

IMGP1449.jpg

IMGP1448.jpg

夜の街、台湾では今「居酒屋」がブームみたいです。ちっぽけな店でも「居酒屋 なんとか」って書いてあります。
IMGP1487.jpg


最新記事