恵方巻とご一緒に

2013年01月30日 08:47

恵方巻とご一緒に

セブンイレブン限定の「仁勇 純米大吟醸 無ろ過生原酒」は毎年「節分の日」に合わせて発売しております。 もう10年以上続けていますが、毎年味について評判を戴いております。 「酒こまち」と言う酒造好適米を50%まで磨き上げ、8度以下の低温でもろみを熟成させ、それを絞ったまんまの状態で製品にしました。 18号酵母が織りなす芳醇な香りと豊かなコクが特徴です。 今年も自信を以ってお薦めします。 事前にセブン各店舗で予約を取る製品ですが、まだ間に合うかもしれません。

2013-セブンイレブン-チラシ
スポンサーサイト

國酒プロジェクトとは

2013年01月26日 15:40

國酒プロジェクト

優れた文化には優れた酒があると言います。 それはその国で取れる主要な穀物やフルーツをベースに造られ、その後その国の食べ物と共に進化して来ました。 日本には醸造酒である「日本酒」と蒸留酒である「焼酎」がありますが、最近政府はこの2種類の酒を「國酒」として位置づけ、輸出している、もしくはしようとしている企業の手助けを始めました。 個人的にはそんな手助けより、原料であるお米の価格と品質の両面での安定供給を願いたいですが、この國酒プロジェクトは輸出だけに留まらず、日本に来る、または住んでる外国人にも日本酒にもっと紹介しようという面もあります。 幸い成田周辺は空港に近く見学者を受け入れ易いため、いくつかの蔵が手を挙げています。 内も手を挙げたところ、早速東京界隈で手に入るフリーペーパー「METROPOLIS」の取材が入りました。

IMGP1339.jpg

IMGP1338.jpg
3月号に掲載されるそうです。

千葉ロッテマリーンズ 必勝祈願

2013年01月25日 14:22

千葉ロッテマリーンズ 必勝祈願

毎年恒例となりましたマリーンズによる成田山での必勝祈願の御護摩、今日11時から行われました。
昨年はオールスター戦まで1位をキープしていたのに、後半はズルズルと負け続けシーズン最後は5位。
全く見ていてふがいないシーズンでしたが、今年は西武の黄金時代を築いたもとキャッチャーの伊東勤新監督の下少なくともAクラス入り、あわよくば優勝をぜひ勝ち取って欲しいです。

マリーンズ祈願
右から林・成田後援会長、小泉成田市長、ロッテ球団社長、伊東監督
マリーンズ祈願2
勝守りにマリーンズのMロゴを付け、キャップをかぶっている「うなり君」

発酵サミット 2日目 蔵見学

2013年01月21日 12:02

発酵サミット 2日目 蔵見学

サミットの2日目は蔵の見学です。 予定されていた人数より大分多い70名ほどの方が見学に来られました。
大人数だと説明していても後ろまで届かなかったり、麹室のような繊細なところには御案内出来ませんが、今日は大吟醸の吊るし絞りをしていたのでチョッピリ試飲をしてもらいました。 こんな機会は年に何回もありません。

発酵サミット2

50%磨きの大吟醸のモロミを試飲しています。 初めての方も多く、みなさん喜んでられたようです。

全国発酵食品サミット in こうざき

2013年01月20日 21:16

全国発酵食品サミット in こうざき

秋田県横手市で始まったこのイベントは第5回目を迎え、ここ神崎で開催されました。 東京農大の小泉武夫名誉教授の基調講演に始まり、全国から、そして地元神崎から集まった参加者によるパネルディスカッション。 お題は自分たちの取り組みと街おこしについてでした。 当然僕は自分たちの酒造りと「仁勇蔵祭り」を始めた経緯、そしてそれが一企業だけのものではなく、町全体の祭りに発展していたことなどについて話しました。
小泉教授は「こうじ」の無限に近いパワーについて90分に亘りお話されました。 こうじは麹と書くが日本のこうじは中国や韓国から渡ったものではなく日本独特のものでコメベースなので本来は国字で米へんに花と書き「糀」が正しいとか、こうじはカビであるが国の定めた菌、いわゆる「国菌」であるとか、こうじはあらゆるビタミン、酵素がたくさん入っていて薬など必要としないほどであるとか。 大変参考になりました。

IMGP1324.jpg

レセプションで出した「吟醸酒粕のてんぷら」
IMGP1335.jpg

御存じ神崎町の芸座連と藤花連の皆様による歓迎の演奏
IMGP1336.jpg
来年は滋賀県の高島市で行われます。

大吟醸 吊るし絞り 酒粕

2013年01月19日 17:28

大吟醸 吊るし絞り 酒粕

先日お伝えした大吟醸の「吊るし絞り」の工程から出てくる酒粕は機械を使って絞っていない為、エキス分が多量に残り大変おいしい物になります。 みそ汁に入れてもいいし、塩味を付けてそれでチーズを漬けてもいいし、柔らかいため用途は広がります。 今回の大吟醸吊るし絞りの酒粕は控えめな香りの10号酵母のモロミから取りました。 成田の鍋屋源五右衛門で今日から販売となりました。 500gで650円です。
IMGP1323.jpg
あすは神崎町で「全国発酵食品サミット」が行われ、東京農大の名誉教授 小泉武夫さんの基調講演に始まり、パネルディスカッションもありますが、私も参加します。

吊るし絞り 大吟醸

2013年01月17日 14:12

吊るし絞り 大吟醸

大吟醸酒5本のうち2本目の上槽(絞り)が始まりました。 モロミを袋に入れ、それを紐で括ってタンク内に下げる。 所謂「袋の吊るし絞り」です。
IMGP1314.jpg

寒い蔵の中で素手でする作業です。
IMGP1318.jpg
袋から滴り落ちる「しずく」を集め1斗ビンに入れていきます。 何故かこれを「斗ビン囲い」と言います。
IMGP1319.jpg
本当に時間のかかる絞り方ですが、圧力をかけない自然落下のため、味は生まれつき柔らかいです。
あすの午後まで掛ります。 これは山田錦35%磨きの仁勇大吟醸「大樹」という超限定品となります。

初雪です。

2013年01月14日 14:00

初雪の成田山

イヤーびっくりですね。 今日の成人式は荒れた日になるとは予想していましたが、大雪になりました。

IMGP1311.jpg
本堂です。
IMGP1308.jpg
断食堂
IMGP1304.jpg
街並みです。

明日の朝凍ると大変です。

祝 新成人!

2013年01月14日 08:43

祝 成人! 

今日成人式を迎える新成人の諸君、おめでとうございます。 成田も御覧のように雨、雨、雨。 しかもこれから強くなるそうです。 本当に晴れの日にこの天気はお気の毒としか言いようがありません。 でも考え方を前向きにすれば、「雨降って地固まる」です。 これから好い事も一杯ありますよ。

IMGP1303.jpg
本社ビル前の成田山に一番近い成田山の田町駐車場風景ですが、ガラガラです。

大吟醸 絞り迫る

2013年01月10日 08:54

大吟醸 絞り迫る

12月に仕込んだ大吟醸酒がそろそろ上槽(搾り)の時期を迎えようとしています。
今季は12月に入り寒ーい日が続きましたが、お酒にとっては大変良い環境です。
あと1週間以内にすべての大吟醸、仕込み本数5本が絞られる予定です。
緊張する1週間です。
IMGP1296.jpg
山田錦35%磨きです。 華やかな香りと凛として引き締まった味になってきました。
そのモロミの顔はこんな感じです。

IMGP1297.jpg
分厚いクリームで覆われています。 楽しみです。

2礼2拍1礼

2013年01月09日 13:56

2礼2拍1礼

毎年お届けしていますが、今日は千葉県酒造組合・香取支部として香取神宮で新年の「醸造安全祈願祭」を執り行いました。 醸造安全祈願は多分明治時代からしていると思いますが、香取神宮の歴史は皇紀と同じくらいと言われています。 今年は皇紀で言うと2673年ですので、香取神宮は2700年近い歴史があるということになります。
すげーです。成田山は約1080年の歴史ですが、その2.5倍位古いということです。 その昔は海がすぐ近くまで来ていたそうです。 今でも津宮(つのみや)というところがありますが、そこまで船で来られたそうです。
その歴史を感じながら、少し厳粛な雰囲気に浸りました。

IMGP1293.jpg
右から「香取」寺田本家、「東薫」、「仁勇」。 

IMGP1295.jpg
来年に行われる大祭(12年に1度)に備え、御神殿の屋根の張り替えをしています。 36年ぶりの張り替えだそうですが、藁ではなく檜の皮です。

今年の成田は?

2013年01月04日 08:49

今年の成田は? 

正月の三が日が過ぎました。 今年の正月の特徴は、毎年その傾向が強くなるのですが、出足が遅いです。
たとえば元旦の日は夜中から人が途切れることはありませんでしたが、今年は朝9時過ぎからようやく人が出てきた感じです。 参拝に来る年代が完全に入れ替わったのでしょう。 今日は4日目ですが、朝の風景は至ってのんびりという感じです。
IMGP1287.jpg
今日は風は冷たいですが、いい天気です。

明けましておめでとうございます。

2013年01月01日 04:48

明けましておめでとうございます。 

除夜の鐘が鳴ってる成田山。

IMGP1279.jpg
順番を待つ参拝客のみなさん。
IMGP1280.jpg
本年もご贔屓の程よろしくお願いします。


最新記事