目指せ 日本一 again !!

2011年01月31日 09:23

目指せ 日本一 again !! 千葉ロッテマリーンズ

1月28日に成田山新勝寺で行われた「千葉ロッテマリーンズ」優勝祈願のお護摩焚き上げに行ってきました。 昨年は選手一同でパレードも行い、全員で本堂にて優勝祈願をしたのですが、今年はマリーンスタジアムの芝生の張り替えを行っている関係上、選手は自主トレをバラバラに散らばってしているため、今回は参加できませんでした。 代わりに、瀬戸山球団代表と西村監督が参加しました。

P1020162mini.jpg

西村監督の今年の抱負は『まず、リーグ優勝を目指す事』と仰ってました。
頼みますよ!! 史上最大の下克上!

スポンサーサイト

千葉の元気は飲食店から!!

2011年01月30日 16:30

千葉の元気は飲食店から !!

写真を見てもおわかりにならないと思いますが、千葉でも有名な飲食店のオーナー2人。 「まあ~なべや」「オーシャンテーブル」の山友社長と「すし波奈」「とりや一億」の早野社長です。

P1020147mini.jpg

うちの蔵見学に来て戴き、不動シリーズの試飲をしている最中です。 この日は年に1回しかない「大吟醸」「純米大吟醸」の吊るし絞りが終わって、その酒もチェックできる最良の日に当たりました。
景気も悪く、人口も減りつつあり、日本酒が減少している中、こういうお店のお客様に支持されたいですネ。

めちゃくちゃ甘い とろり酒!

2011年01月22日 15:15

日本一 超甘~い とろり酒!

P1020143mini.jpg

仁勇のとろり酒です。 いわゆる日本酒度で言うと「-90」という数字になります。 普通のにごり酒は-15~ー20位ですから、比較をすると相当甘いとおわかりになると思います。 通常の3段仕込みを終えた後、蒸したもち米だけで4段を掛けます。 言ってみれば『もち米4段仕込み』。 この甘さはもち米から出る自然の甘さです。そして、もろみを残したままさらっと濾して、生のまま瓶詰されます。 このとろり酒は女性の方に人気があります。 いわゆる「のん兵衛」にはちょっと甘すぎるかと。 でも焼酎で割ると行けます。 特に米焼酎が良いです。 あとは、デザート感覚でバニラアイスやプレーンヨーグルトのトッピングでもいけます。 是非試してください。

1杯の甘酒

2011年01月19日 09:49

1杯の甘酒

今年のお正月の特徴は、寒い日が続いていることもあって、甘酒の売れ行きが好調です。 私たちが甘酒を販売し始めたのは今から17年ほど前の正月でした。 当時は大きな鍋を2つ使って順々に作っていたのですが、酒粕を溶かすのに非常に時間がかかり、朝から夕方までかけても何杯もできませんでした。 それを大きく変えたのは『酒まんじゅう』を始めた時に導入した『あん練り機』でした。

 P1020123mini.jpg
200ℓ入る銅釜が回転し、同時に櫂棒が上下に動き、下からは4連のバーナーで一気に水温を上げられます。
約400杯分の甘酒が10分でできます。 道具って大事ですよね。 この武器のお陰で三が日には1日平均5,000杯の甘酒を販売できるようになりました。 そうです。1日に5,000杯です。 ギネスブックものです。 これをギネスブックに申請しようよと言ったら、誰も耳を傾けてくれませんでした。 さて、この甘酒を作っているのは当社の専務と私です。

P1020126mini.jpg
甘酒は当然うちの酒粕から作ります。  

初雪の成田山

2011年01月16日 08:12

初雪の成田山 !

P1020137mini.jpg

降ってますねー、初雪が。 この2,3日寒波が来ていていつ降ってもおかしくない状態でしたが、今朝来ました。 もうすぐ止むとは思いますが、普段見慣れている成田山とは違ってなかなか風情があります。 でも今日の商売は完全上がったりですね、きっと。 でも蔵元グルメ『鍋屋源五右絵門』は暖かーい甘酒を用意して皆様のお越しをお待ち申し上げます。
 

大吟醸 第1号 絞り始まる!

2011年01月12日 17:29

純米大吟醸 今季第1号 絞り始まる!!

昨年の暮れから仕込んでいた大吟醸酒5本の内、1本目の絞りが始まりました。
P1020122mini.jpg

お米は秋田の『酒こまち』40%磨き。 酵母は9号と18号の合併です。 因みに901号とは9号の泡なしという意味です。 何故9号と18号を一緒に使うのかと言うと、9号の方が切れが良いためその力を借りて18号の丸さと香りのよさを一層際立たせる為です。
P1020114mini.jpg
当然『袋絞り』です。

利き酒しましたが。大変あっさりとした純米大吟醸に仕上がっています。 製品化が待ち遠しいです。
乞うご期待!!

異常です! この酒粕ブーム!!

2011年01月05日 15:58

異常です! この酒粕ブーム!!
昨年の12月初旬にNHKの番組で酒粕の効能とやらが放映されてから、ずーっと品薄状態が続いていましたが、この正月のお客様は凄いです。 一人で20KGくらい買って帰るお客様もいて、昨年の1.5倍の勢いで酒粕が消えています。 ヘタをすると成人式の3連休までには完売してしまうかもしれません。 その位勢いがあります。 何かしら美容に良いだの健康に良いと言われると女性の方の食い付きが違います。 今年のお客様の特徴は今まで酒粕を使った料理をあまり知らず、どういう風に使えば良いのか聞かれることがしばしばあります。 粕漬け、味噌汁に少し入れても良いし、石狩鍋のように酒粕と味噌を一緒に鍋のベースにしてしまうとおいしいと思います。 また、小さく切ってストーブの上で焼いて、醤油を付けて食べるとちょっとせんべいみたいな感じになります。
まずはお試しあれ!

仁勇 酒まんじゅう

2011年01月04日 15:57

仁勇 酒まんじゅう

西暦2000年に登場した『仁勇 酒まんじゅう』も今年で12年目を迎えます。 鍋屋源五右衛門店舗での日本酒製品の売り上げが減っていた中、成田山の名物になり得る物をずっと考えていましたが、副産物としての酒粕を使って、いわば延長線上のビジネスとも言える酒まんじゅうを思い切って始めてしまいました。 最初の2週間は工場に缶詰めになり、朝から晩までしっくりくるレシピの完成と出来上がった物をきっちり蒸しあげる練習の繰り返しでした。 一体何千個のまんじゅうを廃棄したかわかりません。 でもその甲斐あって、今では一応お土産品としても定着しています。 今年も少しレシピを変更しました。 柔らかさを持続するために山芋などを入れてみました。 成田にお越しの際には是非お試しください。

P1020064mini.jpg
包あん機から出てくるまんじゅう

P1020059mini.jpg
これを少し潰して蒸します

P1020069mini.jpg
できあがり

2011年 元旦

2011年01月01日 20:23

2011年 卯年元旦

20110101-1.jpg

当社のお店『鍋屋源五右衛門』前の元旦のにぎわいです。1年の計は元旦にありと言われるように、日本人ならやはり初詣は欠かせないでしょう。 毎年本当にたくさんの参拝客に来て戴いておりますが、今年も天気に恵まれ、素晴らしいスタートができました。 皆様におかれましても、兎のように飛躍する年となりますよう心よりご祈念申し上げます。
 


最新記事