充填機が新しくなりました。

2016年09月20日 11:41

充填機が新しくなりました。 

20数年に亘って使用していたビン詰め用の充填機が新しくなりました。新充填機2

建物中に小部屋を作り、虫やほこり、ゴミが一切入らないようにし、その中にこの充填機を設置しました。
ビンのサイズに合わせて掴む治具を代える必要もなく、基本的に1人で操作できるため、経費の削減にだいぶ貢献してくれそうです。

熱交換器・プレートヒーター

こちらはプレートヒーターと熱交換器です。 日本酒は瓶詰めする際に「火落ち菌」という酒に悪さをする乳酸菌を滅菌するため約65度まで熱して充填しますが、一回65度まで上げた液温はなかなか落ちません。 35度くらいまで落とせれば、品質、味、香りが変わらないと言われますが、自然に覚めるのを待つと何時間も掛かってしまいます。 そこでこの熱交換器は瞬時に30度台まで落とせるので、これからうちの酒に品質は一段と上がると期待をしております。

スポンサーサイト

平成26醸造年度 呑み切り

2015年06月24日 12:40

平成26醸造年度 呑み切り

毎年恒例の「初呑み切り」です。
呑み切りとは今年度醸造してタンクに保管されている酒を聞き酒し、その状態を確かめる大変重要な社内行事です。

呑み切り2

タンク内原酒に加えて市販される日本酒も含めて全部で120点。 
この数を試飲し、講評を書くと1時間半はたっぷりかかります。 
その間、舌はしびれ、頭は酔っぱらってくるし、正直体に堪えます。

とは言え、これが我々の一番大切な仕事です。
秋上がりの酒、期待していてください。

千葉大留学生による蔵見学

2015年02月20日 15:14

千葉大留学生による蔵見学

千葉大留学生、日本人チューター、インターン生、職員、総勢50 名程の方々が蔵見学にいらっしゃいました。
千葉大には様々な国から留学生が来ています。 中国、韓国はもとより、タイ、インド、インドネシア、ベトナム、シンガポール、台湾、デンマーク、イランなどなど。 会社説明・酒造りのビデオを見ていざ蔵内の見学、そして試飲では不動シリーズを召し上がっていただきましたが、みなさん日本食が好きらしく、日本酒も問題なく飲んでいました。
ご前中はヤクルト工場見学をされた後での当社の見学。留学生の目には日本の伝統的な酒造りの現場はどのように見えたのでしょうか?
彼らのうち何名かは「蔵祭り」に参加します。シンポジウムもするそうですから乞うご期待!!

10911312_820436108037251_458573109179310564_o[1]
10991692_820436268037235_154763948994213230_o[1]
10974266_820436601370535_8262557416233677429_o[1]
11000025_820436228037239_5416411347069130742_o[1]
10931684_820437061370489_7091463790898807804_o[1]


現代の卓越した技能者

2014年12月26日 14:24

現代の卓越した技能者として、、、、 

千葉県には昭和47年から始まった「現代の卓越した技能者」としての表彰制度があります。
毎年10名程度色々な業種から選ばれるそうですが、今回の受賞者の中にうちの取締役工場長兼杜氏である高田周作が選ばれました。
彼と私の付き合いは30年程前にさかのぼります。 当時お互いあるグループ企業に勤めていて、同じグループの当時はまだ画期的だった記憶媒体であるハードディスクを製造販売するプロジェクトに呼ばれ、何人かの人間と始めたのが出会いでした。 アメリカ人のいい加減なアドバイザーとか話にならない製造機械を買わされたり問題はありましたが、2年後に見事製品を作り上げ、プロジェクトを成功に導いたのです。
それから約10年後、私が鍋店を継いで1年たった頃彼に来て貰いました。 酒類の製造は機械産業、装置産業と言って施設も含めて色々な面でエンジニア的な発想、知識が必要です。 そういう理由で来てもらったのですが、17年前から、杜氏制を止め、自社スタッフによる製造を開始しして、基本的に彼が製造の総責任者として酒造りにも携わるようになり、現在では毎年のように全国新酒鑑評会で金賞を取れる実力を持つようになりました。 その彼が卓越した技能者として選ばれたのは会社全体の喜びです。 本当に良かったと思います。

現代の名工1
ナイス クリスマスプレゼント!

平成26醸造年度 大吟醸仕込み!

2014年12月23日 17:39

平成26醸造年度 大吟醸仕込み!

今年も残りあと1週間ほど。 皆様にとって今年はどんな年だったでしょうか? 地球規模的に天候が不順で温暖化はますます進み、台風なんかも暴力的になった感じがしますよね。 先週の天気だってものすごい冬型となり、北の方の低気圧は爆弾を通り越していました。 社会的にも12月に選挙なんぞしてくれたお蔭で、飲食店での忘年会キャンセルが非常に多かったとか、阿部さん、中小企業いじめないでよとつくずく思った次第です。
さて、俗世間のことはともかく、今年も大吟醸の仕込が始まり、現在モロミの段階まで来ました。 絞りは年明け20日ごろかなーといった感じです。 今年もおいしいお酒を造ります。

2014大吟醸2
2014大吟醸5
今期も大吟醸は5本程度造ります。 山田錦35%、40%。 酒こまち40%、45%。
こうご期待!


最新記事